更新日2021.11.04 公開日2021.05.17
インターネット , 未分類

ソフトバンク光の問い合わせ方法は?内容別に窓口をご紹介!

「ソフトバンク光のことで聞きたいことがあるけど、どこにどうやって聞けばいいのかわからない」といった悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。Webサイト上で情報を調べてもなかなか答えが得られなかったり、情報が古くて参考にならなかったり、といったことも珍しくありません。

そこで、本記事ではソフトバンク光に関する様々な問い合わせ先などをまとめています。直接公式サービスに問い合わせることで、正確な答えを得られます。

本記事は2021年5月17日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ソフトバンク光の5つの問い合わせ方法

まず、ソフトバンク光の5つの問い合わせ方法について紹介していきます。ソフトバンク光に関する問い合わせには以下の5つの手段があることを知っておき、目的別に利用可能な選択肢がどれなのか把握すると良いでしょう。

具体的な目的に応じた問い合わせ先は後述しますので、ここでは電話・店舗・メール・チャット・My SoftBankそれぞれの概要を解説していきます。

●電話

電話での問い合わせが可能なケースは多いです。例えばソフトバンク光の総合窓口として、ソフトバンク光サポートセンター(電話番号:0800-111-2009)が用意されています。総合窓口ということで、幅広い内容の質問に対応してもらえます。

受付時間は午前10時~午後7時と制限があります。そのため日中電話をするのが難しいという方は、時間を調整する必要がありますが、年中無休であるためタイミングが合う日を探して対応すれば良いでしょう。

電話をかけるとまず音声ガイダンスから始まります。そのガイダンスに従って操作を行い、その後担当のオペレーターに繋がりますが、混雑していてなかなか繋がりにくいというデメリットがあります。

ソフトバンク光サポートセンターへの通話では料金が発生しないため電話代を気にする必要はありませんが、自動音声による操作を求められたり、さらにその後オペレーターが電話に出るまで相当な時間待たなくてはならなかったりなど、隙間時間に通話を始めた方は対応しきれない可能性もあります。

普段、受付時間内は常に忙しく働いており、休憩の時間にかけようと考えても必ず問い合わせができるとは限りませんので注意しましょう。特に多くの方が電話をかけるお昼時などは混雑する可能性が高まります。可能であれば混雑しなさそうな時間帯を狙って電話をかけるようにしましょう。

ただ、オペレーターに繋がりさえすれば聞きたいことを細かく質問できるというメリットはあります。繋がるまでの時間を待つ余裕があり、インターネット上で調べるのが難しい内容の場合や、実際に人に答えて欲しいという方は電話をかけてみましょう。

なお、利用料金や提供エリアに関する質問は、別に窓口が設けられておりますので、電話番号「0120-964-769」に電話をかけましょう。通話無料であることは総合窓口と共通していますが、受付時間が午前9時~午後10時とかなり長く対応しているという違いがあります。

●ソフトバンクショップ

直接、ソフトバンクショップで質問することもできます。この場合、対面で受け答えをすることになるため、電話対応に比べ、さらに細かく複雑な情報も聞きやすくなるというメリットがあります。

何か資料がある場合にはその内容を確認しながら聞くことができ、身振り手振りも使いながら伝えたい内容を正確かつスムーズに伝えることができるでしょう。

何かしらの手続きを行おうとしており、その過程で分からないことが出てきたのであれば細かく最後まで対応してもらえます。直接店舗に向かうことに問題がないという方は店舗に出向くという手段も検討すると良いでしょう。

●メール

メールで対応してもらえるケースもあります。店舗に直接出向いたり、電話が繋がるまで待ったりするのが嫌だという場合にはこちらも検討しましょう。

ただし、あらゆる状況においてメール問い合わせが使えるわけではないことは覚えておきましょう。また、すぐに返答があるとは限らないので、急を要する質問をしたい場合は他の手段を検討してみてください。

●チャット

前項でメールを使った問い合わせを紹介しましたが、昨今ではチャットのほうが主流になりつつあります。問い合わせに限らず、様々な場面でメールがチャットに代替されるケースが増えています。

これはメッセージのやり取りを行うユーザーにとって使い勝手が良く、メールに比べて気軽にコミュニケーションを図りやすいという理由が挙げられます。タイトルや本文前後の定型文を付けないなど、聞きたいことだけをシンプルに送信することができ、過去に送ったメッセージがそのまま見える形で残るため、会話の流れを見失わずに済むというメリットもあります。

さらにソフトバンク光においては、オペレーターである人が実際に質問に答えてくれる「チャットサポート」と、AIが自動で質問に答えてくれる「AIチャットサポート」の2つが用意されています。いずれもスマートフォン、パソコンなど、デバイスに制限はありません。

直接オペレーターがメッセージを送る「チャットサポート」では、受付時間が午前10時~午後7時と制限があること、法人契約者の場合やYahoo! BB光withフレッツ、フレッツコース、Yahoo! BB ADSLはサポート対象外とされていることなどに注意が必要です。

基本的にソフトバンク光に関すること、そして「ソフトバンクエアー」や「おうちのでんわ」の問い合わせがメインのサービスです。

「AIチャットサポート」で問い合わせができる内容も「チャットサポート」と同様です。上記の3つの内容に関する質問であれば24時間いつでも返答してくれますし、リアルタイムでの対話ができるためスピーディーに問題解決ができます。

ただし、「チャットサポート」に比べると対応できることに限りがあるため、複雑な問題に対しては満足のいく返答が得られないこともあります。

●My SoftBank

My SoftBankにアクセスして問い合わせを行うことも可能です。

My SoftBankとは、問い合わせに限ったサービスではなく、料金や各種設定内容の確認、それらの変更などもできるサービスのことです。登録したアカウントにログインして、自身で必要な情報にアクセスしていく形になるため、Webサービスに慣れている方であればMy SoftBankを使って様々な問題を解決させることができるでしょう。My SoftBankのサービス内で手続きを済ませることもできますし、知りたい情報を見つけることもできるかもしれません。

幅広いサービスの案内が内部に設けられており、情報を探して自己解決させることはもちろん、My SoftBankからチャットに繋ぐことも可能です。

総合窓口への問い合わせ

総合窓口での問い合わせに関してもう少し詳しく見ていきましょう。

前述した通り、「0800-111-2009」に電話をかけるとソフトバンク光サポートセンターに繋がり、まずは音声ガイダンス、そしてしばらく待った後、オペレーターが出てくれます。問い合わせで様々なことが聞けますが、この総合窓口は既に契約へ申し込み済みの方を対象としています。そのため、新規の方が契約内容を知りたい場合などには対応できません。

具体的に総合窓口でできることとしては、開通工事・オプション・接続設定に関すること、または申し込みの内容確認などです。

例えば、「契約後に申し込んだ内容を再確認したいから問い合わせる」といった使い方、「開通工事の日程を変更したい」「オプションの追加や停止をしたい」「料金の確認をしたい」「インターネットの接続方法、設定方法を知りたい」といった内容に関して質問するのに向いています。ただし内容によっては対応できないこともあります。

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えに関する問い合わせ

現在フレッツ光に申し込みをしているものの、ソフトバンク光に乗り換えを検討している方もいらっしゃることでしょう。フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えのことを「転用」といいますが、その際はまずNTTへの問い合わせをする必要があります。その問い合わせにより転用承諾番号が発行されるからです。転用承諾番号があることで、スムーズに情報の引継ぎなどが可能になります。

しかし、この問い合わせ先は住まいのエリアによって異なりますので、自身がNTT東日本エリアに属しているのか、それともNTT西日本エリアに属しているのかをまずは調べましょう。

NTT東日本エリアの場合、問い合わせ窓口の電話番号は「0120-140-202」、受付時間は午前9時~午後5時です。なお、Webサイト上で乗り換えの手続きをする場合にはこちら(https://flets.com/app4/input/index/)
のページにアクセスすると良いでしょう。

NTT西日本エリアの場合、問い合わせ窓口の電話番号は「0120-553-104」、受付時間は東日本エリア同様午前9時~午後5時です。Webサイト上から確認する場合にはこちら(https://flets-w.com/collabo/)のページにアクセスしてみても良いでしょう。

光コラボレーション回線からの乗り換えに関する問い合わせ

光コラボレーションとは、NTTフレッツ光の回線を借り、自社ブランドを付けて販売している光回線サービスのことです。ソフトバンク光もその一種ですが、別の事業者による光コラボレーションもありますので、その範囲内で乗り換えをしたいという方の問い合わせ先についても紹介しておきましょう。

こちらもやはりNTTが大元となっているため、NTT東日本エリアなのかNTT西日本エリアなのか、提供エリアに応じて問い合わせ先は異なります。

NTT東日本エリアの場合は、フレッツ受付センターで土日祝も受け付けています。午前9時~午後5時の時間帯に「0120-140-202」に電話をかけるとフレッツ受付センターに繋がります。

事業者変更の手続きに関しては、こちら(https://flets.com/app10/kaiji/)のページ上でも情報が記載されていますので参考にすると良いでしょう。

NTT西日本エリアの場合も午前9時~午後5時に、「0120-553-104」へ電話をかけるとフレッツ受付センターに繋がります。

またはこちら(https://flets-w.com/collabo/info/)に問い合わせ先一覧がまとめられています。乗り換えの手続きに関することや、よくある質問も載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

引っ越しに関する問い合わせ

オペ-レーターの女性

すでにソフトバンク光を申し込んでいる方が引っ越しを行う場合、どのような手続きが必要なのか、何をすべきなのか、いろいろと聞きたいことも出てくるかもしれません。

そこで、ここでは引っ越しの際に必要になる手続きについて軽く触れ、各種問い合わせ方法、確認方法を紹介していきます。

●移転手続きの前にエリア確認

引っ越しをした場合、ソフトバンク光を継続して使うことができなくなる可能性もあります。引っ越し先がソフトバンク光に対応していない可能性があるからです。そこで最初にすべきことは移転先のエリア確認です。

確認に関しては電話やメールなどで問い合わせる必要はありません。Webサイト上ですぐに調べることができます。

なお、ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を使っているため、提供エリアもフレッツ光と同じです。フレッツ光の提供エリアかどうかを見ることで移転先でも使用できるか確認することができます。

NTT東日本のエリア検索ではこちら(https://flets.com/app2/cao/)、NTT西日本のエリア検索ではこちら(https://flets-w.com/cart/?etc_data_kks=kantan%3D1%40)のページから確認できます。郵便番号や住所などを入力し、指定した住所で提供されているかどうかを確認しましょう。

●ソフトバンク光サポートセンターを利用

ソフトバンク光サポートセンターでは、引っ越しに伴う問い合わせにも電話対応しています。午前10時~午後7時の時間内に「0800-111-2009」へ電話をかければオペレーターが対応してくれます。

契約者として登録している電話番号、あるいは連絡先として登録している電話番号から、「186」をつけ、電話番号を通知してかけます。

●My SoftBankを利用

My SoftBankを使って引っ越しに関する問い合わせも可能です。午前10時~午後7時の時間内にチャットで問い合わせることができ、電話のように繋がるまでの待機時間も必要なく聞きたいことが聞けます。ただし返答がくるまでには少し時間がかかります。

すぐに手続きを済ませてしまいたいという方はMy SoftBank上で進めてしまっても良いでしょう。My SoftBankにログインし、ホーム画面にある「引越しの手続き」を押し、引っ越しに関する注意事項をそれぞれ確認のうえ、「承諾」をします。あとは表示される案内に従って進んでいけば完了となるので、非常にスムーズです。

周辺機器の不調に関する問い合わせ

インターネット環境を構築するうえでは、様々な周辺機器を用意する必要があります。ルーターやホームゲートウェイなどが挙げられますが、日々これらの機器を使っていると不調が発生することもあり得ます。そこで周辺機器に関してどのように対応すればいいのか聞くため、問い合わせの必要が出てきます。

しかし、周辺機器に関してはソフトバンク光に問い合わせをしても返答は得られません。機器そのものについては、各社メーカーに問い合わせなければならないからです。メーカー各社サポートページ(http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/others/)が設けられていますので、こちらから該当する機器のメーカーに問い合わせを行うと良いでしょう。

ヤフーサービスに関する問い合わせ

ヤフーサービスに関しては、ソフトバンク光の問い合わせからではなく、ヤフーへ問い合わせをする必要があります。そのため、ソフトバンク光のプロバイダーである「Yahoo! BB」に関しても、ヤフーへ問い合わせをしましょう。

「Yahoo! BB」や他のヤフーサービスに関しても、Yahoo! JAPANヘルプセンター(https://support.yahoo-net.jp/PccHelpcenter/s/)に各種サービスヘルプのページがまとめられていますので、こちらを参考にしてみてください。

ソフトバンク光の申し込みをする場合の問い合わせ

それでは最後に、新たにソフトバンク光の申し込みをしようと考えている方に向けて、問い合わせ先を紹介していきます。

ソフトバンク光の公式ページから問い合わせることもできますが、正規代理店を活用することも可能です。単に窓口が増えるだけでなく、正規代理店を使うことによるメリットもありますので、ぜひ確認してみてください。

●ソフトバンク光公式ページ

ソフトバンク光はインターネットまたは電話から申し込むことができ、申し込み完了後はID情報や契約情報などがSMSまたは郵送で届きます。さらにその後本人確認書類に必要な資料が届きますので、本人確認書類のアップロード・提出をする必要があります。

その後も支払方法の登録や開通工事に関することなど、環境が整うまでにいくつかのステップを踏まなければなりません。

そのため手続きの方法で困ること、分からないことも出てくるかと思います。資料の確認方法や本人確認書類のアップロードの方法、また申し込み内容の確認など、細かく聞きたい場合には電話で問い合わせができます。

申し込み自体はWebからでもできますが、電話でも申し込みができるよう「新規受付センター」が設けられていますので、「0120-981-072」に電話をかけて不明点を聞いてみましょう。

「新規受付センター」は通話料無料で、携帯・PHSからでも可能です。受付時間は午前9時~午後10時(年末年始休業)です。

●正規代理店

正規代理店から申し込む場合、おすすめなのは「LifeBank」(https://softbank-hikari.jp/form-complete/
)です。公式でも特典などは設けられていますが、「LifeBank」であればその種類も豊富で、キャッシュバックや割引など、お得なキャンペーンが用意されています。

例えば、月額料金を一定期間内実質割引してもらえたり、最大75,000円(税込)ものキャッシュバックを得られたり、また乗り換えキャンペーンで最大100,000円(税込)が還元といったものまであります。

「LifeBank」から問い合わせる場合には電話での相談とWebからの申し込み相談の窓口があります。Web上で必要事項を最後まで入力して問い合わせれば、10,000円(税込)キャッシュバックの増額がしてもらえます。そのため電話にこだわる必要がない場合にはWeb上で問い合わせを行うことをおすすめします。

ソフトバンク光の問い合わせ先は内容によって異なる

今では電話に限らず、様々な問い合わせ方法があります。ソフトバンク光においては店舗やメールを使った問い合わせのほか、チャット、My SoftBankなどの便利なサービスを活用して質問をすることも可能です。聞きたい内容によって問い合わせ先は異なりますが、複数の選択肢が用意されていることで、よりスムーズに問題が解決しやすくなっています。

新たに申し込みをしようと考えており、新規申し込みに関する問い合わせをしたいという方は、契約時に様々なキャンペーンが使える正規代理店への問い合わせがおすすめです。

The following two tabs change content below.
SoftBank光編集部

SoftBank光編集部

インターネットサービスやでんき、無線LANやセキュリティ対策などの情報を発信するSoftBank光のなかの人です。SoftBank光に関するお役立ち情報をお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocketでシェア
auひかり KDDI正規代理店 株式会社25 お申し込み・ご相談窓口
お申し込みはコチラ
ご検討中の方はこちらからご相談ください!
Webからは24時間受付中!