更新日2021.07.12 公開日2021.07.12
インターネット

ソフトバンク光の料金を徹底解説!月額料金以外の費用やお得に契約する方法も紹介

ソフトバンクが提供するWiFiサービスの1つに「ソフトバンク光」があります。「ソフトバンク光」でも他のサービス同様、月額料金を支払うことでインターネットを使用することができます。

しかし契約する際には他の費用が発生することもあるため、この点を理解してから契約の申し込みをすることが大事です。本記事で紹介する内容を把握して、前もって準備をしておきましょう。

本記事では料金について紹介するだけではなく、今契約を検討している方に向けて、お得に契約する方法についても紹介していきます。

本記事は2021年7月12日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ソフトバンク光とは?

料金について確認する前に「ソフトバンク光」のサービスについておさらいしておきましょう。「ソフトバンク光」は、光回線を使ったインターネット通信、WiFiサービスです。

NTT東日本・NTT西日本からフレッツ光の回線の提供を受けて提供するサービスであり、ソフトバンクが光コラボレーション事業者となります。

このように光コラボレーション事業者が光回線を借り受けて提供する独自サービスと組み合わせた提供スタイルを「光コラボレーションモデル」といいます。

「ソフトバンク光」は、フレッツ光の回線を使っており、最大1Gbps(※)の超高速インターネット通信ができます。

「ソフトバンク光」は、最大1Gbpsの超高速での通信で、オンラインゲームや高画質動画の視聴でも快適に楽しむことができるのが大きな特徴です。

どんな状況においてもできるだけ安定的にインターネットを使用したいなら、光回線の「ソフトバンク光」がおすすめです。

ただし「ソフトバンク光」でも一時的に通信速度が落ちることはあり得ます。例えば瞬間的にアクセスが集中したWebサイトがある場合、どれだけ高速通信の回線に契約していたとしても、Webサイト側のサーバーに負荷がかかってしまい、スムーズに接続できなくなります。

いずれにしろ「ソフトバンク光」を使用することで、ユーザー側で起こる問題を防ぎやすくし、快適にWebページ閲覧・オンラインゲーム・動画視聴なども楽しむことができます。

ただしソフトバンク光は光回線なので、回線工事が必要になります。マンションに住んでおり工事ができない方、近い内に引っ越しを考えており再度工事をする必要がある方などは、よく検討する必要があるでしょう。また、回線工事には料金もかかる点を把握しておきましょう。

※1Gbpsとは技術規格上の最大速度です。実際にはお客様のご利用環境や回線状況により、低下することがあります。

ソフトバンク光の月額料金はいくら?

「ソフトバンク光」でインターネットを使用するには、毎月料金を支払わなければなりません。その他費用がかかるケースもありますが、まず注目すべきは基本料金です。

「ソフトバンク光」の回線サービスは、使用する環境が戸建住宅なのか、それともマンションやアパートなどの集合住宅なのかで基本料金が変わってきます。その他、回線タイプや契約の自動更新のスパンなども金額に関わります。以下では、集合住宅・戸建住宅それぞれの月額料金を解説していきます。

●集合住宅の月額料金

まずは集合住宅における月額料金からです。

集合住宅の場合には比較的料金体系はシンプルで、住まいのエリアや回線タイプに関係なく、基本料金は月額4,180円(税込)で一定になっています。

ただし、契約更新のプランには注意しなければなりません。基本料金が月額4,180円(税込)というのは“2年自動更新プラン”が適用されている場合です。仮に“自動更新なしのプラン”にした場合には、月々の基本料金は5,390円(税込)になります。そのため、特別な事情がなければ自動更新ありのプランにしておくと良いでしょう。

ただし、この基本料金が毎月の支払い額として確定するわけではありません。契約する正規代理店が実施している特典やキャンペーン等を活用することで、この料金を下げられるケースがあります。

月々の料金を下げる特典だけではなく、乗り換えや工事に要する費用をお得にする特典などもあるので、これらも考慮した上で検討してみると良いでしょう。

●戸建住宅の月額料金

戸建住宅の場合、回線タイプは東日本と西日本でそれぞれ5つあります。基本料金にも差があり、更新期間によっても月額料金が異なってきます。

●回線タイプ「ファミリー・ギガスピード(※)」「ファミリー・ハイスピード」「ファミリー」の場合

  • 5年自動更新プランで月額5,170円(税込)
  • 2年自動更新プランで月額5,720円(税込)
  • 自動更新なしプランで月額6,930円(税込)
    ※西日本エリアの場合は「ファミリー・ギガスピード」ではなく「ファミリー・スーパーハイスピード」

●回線タイプ「ファミリー・10ギガ」の場合

  • 5年自動更新プランで月額6,380円(税込)
  • 2年自動更新プランで月額6,930円(税込)
  • 自動更新なしプランで月額8,140円(税込)

●回線タイプ「ファミリー・ライト」の場合

  • 2年自動更新プランで月額4,290円~6,160円(税込)
    ※契約者回線ごとに1ヶ月3GBまで月額4,290円(税込)で使用可能
  • 自動更新なしプランで月額6,050円~7,920円(税込)

これらの料金は計算の基礎になるものであり、特典等の適用を受けることで実際に負担する額はここから下げることも可能です。

ソフトバンク光を契約する場合に月額料金以外にかかる費用

継続的に「ソフトバンク光」でインターネットを使っていく場合、前項で説明した基本料金が重要になってきます。しかしこれから契約への申し込みをしようと考えている方にとっては、初期費用にかかる金額も把握しておく必要があります。

ここでは基本料金以外に発生する費用として、“契約事務手数料”と“開通工事費”を詳しく解説していきます。

●契約事務手数料

「ソフトバンク光」への新規申し込み時には、基本料金とは別に、契約事務手数料として3,300円(税込)が必要になります。こちらは、集合住宅・戸建住宅に関わらず発生する費用です。

新規の申し込みに加え、Yahoo! BBからサービスの変更をする場合にも同額の契約事務手数料がかかります。

また、「ソフトバンク光」を使い始めた後、東日本エリア―西日本間エリア間の引っ越しをする場合も必要になります。

●すでにフレッツ光ネクストを利用している場合の開通工事費

開通工事費は契約事務手数料のように一律ではなく、状況に応じて金額が変動します。そのためご自身の状況を把握し、事前にしっかりと必要な費用を理解しておくことが大事です。

まずは「すでにフレッツ光ネクストを契約している場合」について説明していきます。

厳密には、フレッツ光ネクストもしくは他社光コラボレーションサービスに契約をしており、転用もしくは事業者変更手続を行う場合のことです。ここで言う“転用”とはフレッツ光を契約している方が「ソフトバンク光」に契約内容を変える手続のことを意味します。“事業者変更”は他社が提供している光コラボレーションサービスを契約している方が「ソフトバンク光」に変更する手続きのことです。

このパターンの場合、すでに開通工事が済んでいるため、新たに工事をする必要がなく費用はかかりません。

ただし注意点がいくつかあります。まず、戸建住宅の回線タイプの1つである「ファミリー・10ギガ」の場合には、NTT東日本・西日本のフレッツ光および他社光コラボレーションサービスを使っていても新規契約ということになり、立ち会い工事が必要になります。

もう1点注意が必要なのは、「ソフトバンク光」への転用や事業者変更の手続を行う場合でも、その手続と同時に東日本エリア-西日本エリア間の引っ越しをする際には開通工事費が発生するということです。

これらの点を踏まえ、ご自身の状況を照らし合わせてみましょう。工事が不要なパターンに該当すれば工事に要する初期費用は0円です。

●「フレッツ光を利用していないが光ファイバー導入済み」等における開通工事費

次は「フレッツ光を利用していないが光ファイバー導入済みの場合」について説明します。

厳密には、「インターネットが使える環境にない方」「フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光を契約しており転用手続をする方」も含み、かつ、立ち合い工事が必要ないときがこちらのパターンに該当します。光ファイバー導入済みのマンションに住んでいる場合などには立ち合い工事が必要ありません。

このパターンにおいては、工事の際、作業員が自宅にやってくることがなく、開通工事費も2,200円(税込)と比較的低額で済みます。なお、NTT西日本のBフレッツからの変更である場合には工事費0円です。

こちらは工事が必要ですが、低額な上、立ち合いが不要という観点からも負担が少ないと言えるでしょう。ただし、土日休日の工事であれば3,300円(税込)の工事割増金がかかりますので注意が必要です。

●「フレッツ光を利用しておらず光ファイバーも未導入」等における開通工事費

最後に「フレッツ光を利用しておらず光ファイバーも未導入の場合」について見ていきましょう。

光ファイバーが導入されていないマンションに住んでいる、もしくは戸建に住んでいる、といった場合には立ち合い工事が必要になります。

  • この場合、必要になる費用を以下で整理しましょう。
    「配線設備を新設」「宅内の配線設備を一部使ったルートの変更」「ひかり配線方式(光コンセントなし)」「VDSL方式」:開通工事費26,400円(税込)
  • 「宅内の配線設備を再利用」「ひかり配線方式(光コンセントあり)」「LAN配線方式」のいずれかであり、かつ、「室内工事のみで建物内工事がない」:開通工事費10,560円(税込)

26,400円(税込)を一括ではなく分割払いにすることも可能です。その場合、24回・36回・48回・60回から選ぶことができ、60回であれば月々440円(税込)です。

この開通工事費はあくまで例であり、住まいの状況によっては、別途工事費が発生する可能性があります。

ソフトバンク光はどこで契約するとお得?

「ソフトバンク光」を契約する場合、“正規店”と“正規代理店”の2種類から選べます。

正規店とはソフトバンクが直接経営するショップのことで、正規代理店はソフトバンクから公式に認定を受けたショップのことです。直営のショップを代理する形で各種サービスの契約を行ったりするため、代理店と呼ばれます。

どちらから申し込んでも同じサービスを受けられますので、直営の正規店であろうと正規代理店であろうと、同じ「ソフトバンク光」によりインターネット環境を構築することができます。

これからソフトバンク光を契約しようとしている方からすると、わざわざ別の会社にも任せて窓口を増やす必要はないのではないかと思うかもしれません。

確かに「ソフトバンク光」という根本のサービス内容に違いはありません。しかし、サポートや費用の面で違いがあり、契約までの過程や、月々の料金にも差が出てきます。

なぜなら正規代理店では独自の特典やキャンペーンを実施していることがあり、その結果、月々の支払い額が変わってくるからです。

特典などの内容や豊富さは正規代理店によって異なりますので、独自のサービスが充実している正規代理店を選べばよりお得に契約することもできます。

ソフトバンク光をお得に契約できるのは「LifeBank」

正規代理店を活用することで「ソフトバンク光」の契約もお得にできるケースがありますが、ここで大切なのは、ご自身が対象者になり得る、適用を受けられる特典がある正規代理店を探すことです。

「ソフトバンク光」の代理店は多く存在します。種類が豊富で、様々な方が幅広く活用できる特典を持つ正規代理店を探してみましょう。

この観点から特におすすめできる正規代理店は「LifeBank」です。キャッシュバックの特典や、乗り換え、工事に必要な費用の負担をしてくれる特典などもあります。

Webでの申し込み相談にも対応していますし、サポート体制も充実していると言えるでしょう。

LifeBankのお得な特典内容

基本料金について解説しましたが、「LifeBank」の特典を使えばソフトバンク光がお得に契約できます。もちろん通信速度は最大1Gbps(※)で、プロバイダー料などもコミコミです。

お得に使うことができる理由を、以下の特典内容から見ていきましょう。

※1Gbpsとは技術規格上の最大速度です。実際にはお客様のご利用環境や回線状況により、低下することがあります。

●最大75,000円のキャッシュバック

まず紹介するのは「LifeBank」のオリジナル特典、「最大75,000円(税込)のキャッシュバック」です。「LifeBank」のWebサイトからの申し込み時にこの特典を活用する旨伝え、ページ上に記載されているキャンペーンコードを伝えることで適用してもらえます。

条件は以下です。

  • 「SoftBank 光」と「当社指定サービス」を同時にお申し込みすること
  • 当キャンペーン実施期間中に新規で申し込みをすること
  • 申し込みの際、担当オペレーターにキャンペーンコードを申告すること
  • 申し込み日から90日以内に「ソフトバンク光」を開通し、特典の受け取りまで継続して契約をしていること
  • 申し込んだ月を含む10ヶ月目の1日から、末日までにキャッシュバックの手続きをすること
  • キャッシュバックの申し込み手続きの際、アンケートに答えること

最大額のキャッシュバックを受けるためには「ソフトバンク光」への新規申し込みに加え、指定されたオプションおよび指定サービスへの同時申し込みが必要です。

「ソフトバンク光」への新規申し込みだけでも25,200円(税込)がキャッシュバックされますが、「光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+BBフォン」「スマートレスキュー」のオプションへも申し込むことで4,800円(税込)が加算されます。

さらに「ホワイト光電話」「ソフトバンク光TV」「ソフトバンクでんき」のサービスへも申し込むことで45,000円(税込)が加算されるため、最大額は75,000円(税込)になります。

●25,200円キャッシュバック

続いて紹介するのも「LifeBank」オリジナル特典です。「LifeBank」のWebサイトから申し込むと同時にこの特典の活用を申告することで、25,200円のキャッシュバックが受けられます。

開通月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日に25,200円のキャッシュバックを受けることができるサービスです。

上述の75,000円キャッシュバックキャンペーンと併用はできないので注意してください。適用条件は以下です。

  • キャンペーン実施期間中に「ソフトバンク光」へ新規申し込みをすること
  • 申し込み受付の際、担当オペレーターにキャンペーンコードを申告すること
  • 申し込み日から6ヶ月以内に「ソフトバンク光」を開通すること
  • 前項で説明したキャンペーン「最大75,000円キャッシュバック」を適用していないこと

75,000円キャッシュバックよりも適用条件はシンプルになります。キャッシュバックを受けるためにオプションに加入をしたくないという方や、シンプルな内容で契約したいという方は、こちらのキャンペーンがおすすめです。

●ソフトバンク公式特典の適用も受けられる

「LifeBank」の代表的なオリジナル特典を2つ紹介しましたが「ソフトバンク光」の契約において活用できる特典は他にも多数あります。

「あんしん乗り換えキャンペーン」であれば他社からの乗り換え時に発生する違約金が、条件を満たすことで後日最大10万円還元されます。

また、ソフトバンクのスマートフォンを使っているのであれば「おうち割光セット」の適用を受けて、スマートフォンにかかる月々の料金を毎月最大1,100円(税込)下げられます。家族がいるとその分割引額が増加するので、よりお得です。

その他にも、以下の特典もあります。

  • 開通前レンタル:
    「ソフトバンク光」が使えるようになるまでのWiFiルーターを借りられる
  • ADSL利用者向け工事費無料特典:
    ソフトバンクが提供しているADSL回線を使っている方なら「ソフトバンク光」の回線工事費が無料になる
  • 乗り換え新規キャッシュバック/割引キャンペーン:
    新規乗り換えに関して、キャッシュバックまたは月々の料金の割引をしてもらえる
  • Web申し込み相談でのキャッシュバック:
    「LifeBank」のWebサイトにて、Web申し込み相談をすることで10,000円(税込)のキャッシュバックをしてもらえる

これらの特典については、公式サイトにて適用条件や注意事項をよく確認してから受けるようにしましょう。

ソフトバンク光の料金を割安にするにはLifeBankがおすすめ!

「ソフトバンク光」では戸建住宅と集合住宅によって月々の支払いが変わってくること、基本料金以外に契約事務手数料や開通工事費が必要になってくること、そしてそれぞれの具体的な金額も解説しました。

立ち合い工事をする場合は相応の費用が必要になってきますが、ここで紹介したように、「LifeBank」からの申し込みを行うことで通常よりお得に契約することが可能です。工事費等にかかる負担も軽減され、毎月の支払い額も抑えることができます。

その他にもたくさんの特典が用意されています。「ソフトバンク光」のこと、特典に関しても、気になることがあれば気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
SoftBank光編集部

SoftBank光編集部

インターネットサービスやでんき、無線LANやセキュリティ対策などの情報を発信するSoftBank光のなかの人です。SoftBank光に関するお役立ち情報をお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocketでシェア
auひかり KDDI正規代理店 株式会社25 お申し込み・ご相談窓口
お申し込みはコチラ
ご検討中の方はこちらからご相談ください!
Webからは24時間受付中!